模型

駐車場経営をすれば土地は生まれ変わる|有効な不動産投資方法

空室が生じた場合の対応

入居者募集中

空室対策を行う場合には三段階があります。始めに広告などのソフト面での対策、次に設備投資などのハード面での対策、そして最終手段として家賃の引き下げなどの入居条件の緩和です。将来収支に影響があるため、慎重に検討する必要があります。

View Detail

RECOMMENDED SITES

  • 安定収入サイト

    駐車場経営は様々な業者の手厚いサポートも受けることができます。初めての方でも安心して駐車所経営を行えるのです。

土地を無駄にしない

お金と家

土地を所有していてそれを持て余していては、税金の無駄遣いになってしまいます。もし今後も空き地の予定なのであれば、駐車場経営をするのも良いでしょう。こういった土地を遊ばせておくとなぜ税金の無駄になるのかというと、土地や建物には必ず固定資産税がかかってくるからです。住居や店舗として使っているなら固定資産税は安くなりますが、そのままにしているならより税金が高くなるので無駄なのです。空き地を遊ばせておくことで不利になる理由はまだあり、定期的にメンテナンスをしなければ自治体などから注意される恐れがあります。草木が生い茂っていて水たまりがあると虫も発生しやすくなってしまいますし、そうなると悪い印象がついてしまいます。

そうなる前に駐車場経営をすれば、税金も安くなりますし、うまく運営できれば利益もあがります。しかも駐車場経営はとても利回りが良い投資であると有名なので、土地をもっているなら利用しない手はないのです。舗装や機器の設置など初期投資はある程度かかりますが、大手のサポート会社を選べば集客も良くなって回収をスムーズにすることが可能です。過去にどんな空き地や建物が駐車場経営として生まれ変わったかというと、大型の商業ビルなどが挙げられます。屋根もあるので車を守ることができる駐車場として注目もされます。また、ガソリンスタンドも駐車場としてよく使われます。駐車場が閉鎖すると特別な手続きや整備をしなければ住宅や建物が建てられません。それよりは駐車場経営をした方が有効活用できます。

マンション経営のポイント

集合住宅

マンション経営を行っていく場合には、まずは空室が生じないような維持管理を行っていくことが大切です。その上で、空室が生じた場合に、早期解消に向けた様々な空室対策を適切に図っていくことが重要なポイントです。

View Detail

空室が生じた場合の対策

マンション

マンション経営を行う場合には、空室対策を行うことが重要です。どんなに人気のある物件であっても、必ず空室状態は生じますので、その時にどのような対策をとるかが大切です。安易に入居条件の緩和を行わないようにしなければなりません。

View Detail